ルミンAのすごい効能とは

健康・美容

ルミンAのすごい効能とは

ルミンAとは何なのか?

細胞賦活作用のあるお薬です。

ルミンAの一般的な効果

急性化膿性疾患、末梢神経性疾患、急性・慢性湿疹、一般創傷、熱傷、凍傷、汗疱性白癬

成分は

ルミンAの有効成分は、感光色素の一種である「クリプトシアニン0.A.コンプレックス」です。クリプトシアニンO.Aコンプレックスは、白血球の一種であるマクロファージという免疫細胞の活性を高めるといわれています。

ルミンAで効果のあった疾患

アレルギー性疾患・化膿性疾患 アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎・鼻炎(慢性・花粉症)・蓄膿症・気管支喘息・ 小児喘息・湿疹・蕁麻疹 自己免疫疾患・免疫力低下 リウマチ・関節炎・血小板減少紫斑病・糖尿病・白なまず・全身性強皮症・SLE・シーグレン 症候群 ウイルス性疾患・炎症性疾患 肝炎・肝硬変・腎炎・膀胱炎・結膜炎・口内炎・扁桃腺炎・乳腺炎・中耳炎・肺炎・膣炎・帯状 疱疹・風邪 腫瘍 癌・ポリープ・腫瘍・抗がん剤の副作用防止 創傷等 胃潰瘍・十二支腸潰瘍・化膿創・熱傷・凍傷・手術傷・痔 結核性疾患 肺結核・結核性角膜炎・腎結核・リンパ腺結核 写真のとおりたいへん小さいな小瓶です。
脱毛性疾患 脱毛症・円形脱毛症・神経性脱毛症 その他の疾患 貧血・ムチウチ・メニエール氏病・水虫・神経痛・不眠症・神経衰弱・膿胞疹・小児栄養失調・夜尿症・ 病後回復促進・食欲不振・虚弱体質・倦怠・便秘・歯槽膿漏・脳浮腫意識障害・末梢神経麻痺・動脈硬化・高血圧・ 静脈血栓・筋肉痛・肩こり・脱肛・難聴・耳鳴り・白内障・更年期障害・乳汁分泌不全症・子宮筋腫・産後疾患(血の 道)・自律神経失調症・冷え性・肥満・骨粗鬆症など・・・

出典 http://chiba-isshindou.com

ルミンA、Q&A集

Q1 A ルミンAの最大の特徴は何ですか?

ルミンAには、3つの大きな作用があります。 それは・・・・・ 1.異物排除機能を高める 2.炎症をとる 3.体質を改善する ということです。

つまり、傷を治す、炎症をとる、虚弱体質やアレルギー体質を改善することが、ルミンAの最大の特徴です。



Q2 A ルミンAに副作用はありますか?

炎症を抑えるため、長年にわたってステロイドを使用している方には、副作用らしき反応をおこす場合があります。例えば慢性アトピー性皮膚炎に使ったときのめんげん反応がそれです。 そもそもステロイドは、炎症を抑えるための薬。づまり、ルミンAの「異物排除機能を高める」作用と異なり、「異物を体内にためこむ」薬です。 ルミンAを服用することで、長年にわたってためこんでいた異物を一気に排泄することになるため、尿や便だけでなく、第三の異物排泄器官である皮膚からも異物を排泄しようとします。 しかし一時的な症状の変化の後、改善に向かいます。



Q3 A ルミンAは体に蓄積しますか?

ルミンAは体の中を一回りすると肝臓から胆汁とともに十二指腸に排泄されます。その後は大腸を通り、便として体外へ排泄されますので、体に蓄積することはありません。



Q4 A ルミンAの効果的な服用法は?

ルミンAは粘膜からも吸収されるため、かみくだくか、なめて服用すると吸収効率が上がります。 また、有効成分量が非常に微量のため、必ず食前または空腹時に服用してください。



Q5 A ルミンAで、下痢になることはあリますか?

ルミンAは、肝臓、胆嚢をへて胆汁とともに十二指腸に排泄されます。その際、消化液である胆汁の量を増やす作用があります。 消化を促し、腸の働きが整うため自然に便秘が解消されます。まれに下痢をおこすこともあリますが、整腸剤とともに服用すると解消できます。



Q6 A ルミンAで、気分が悪くなることはあリますか?

胆石のある人、また抗神経薬を服用している人などが服用すると、まれにムカツキを感じることがあります。ムカムカしない程度に服用量を減らせば大丈夫です。



Q7 A 自分で服用量が調節できるのですか?

ルミンAは、自分にあった服用量を決めることができます。快便や快眠など、個々の活力感が感じられる量をみつけて服用します。



Q8 A ルミンAに抗癌作用はありますか?

知らない間に癌細胞が消えてしまったという話をたまに聞きます。これは、私たちが生まれながらに持っている健康になろうとする力=自然治癒力によるものなのです。 ルミンAを服用すると、マクロファージが活性化され、自然治癒力が有効に働くようになります。その結果、自分白身の力で癌を治すことが可能になります。



Q9 A 癌治療にルミンAを加えたいのですが?

1970年には、ルミンAによって制癌剤の副作用である肝臓や骨髄におけるトラブルを改善することが報告されています。またルミンAを服用することで免疫機能が上がリ、自分の組織と癌細胞の間にコラーゲンによる壁を作り、正常な細胞を癌から守ろうとする効果もあります。



Q10 A 自分で適切な服用量を見つける方法はありますか?

適量をかんで、唾液で飲み込む。これを1週間続けます。食欲、性欲、活力感を感じる。利尿、便通がよくなる。体がポカポカするなど、今までにない体の変化が感じられたら、それが最も適切な服用量です。



Q11 A 病院でもらった薬を服用しているのですが?

病院で出される薬は、ウィルスなら抗ウィルス剤、炎症なら抗生物質や抗炎症剤というように、それぞれの原因や症状に特異的な働きをする治療薬です。 しかしこれらの治療薬は、病巣以外の正常な組織にも作用することがあリ副作用から逃れられません。ルミンAは自然治癒力を高めることで、治療薬の効果を引き出し、その副作用も防ぐ薬です。



Q12 A 妊娠中にもルミンAを服用できますか?

医師または、薬剤師にご相談ください。



Q13 A アトピー性皮膚炎にルミンAを使いたいのですが?

アトピー性皮膚炎は本来子供の皮膚疾患で、成長とともに治っていくものです。しかし成長を妨げている因子によるストレス、間違った治療法から慢性化しているケースも多くなっています。ルミンAは、体内の異物を排泄することでこうした因子を排除し、アトピー体質の改善を図ります。



Q14 A ルミンAを飲むと、なぜ傷が治りやすくなるのですか?

傷ついた変性細胞を素早く除去すること、慢性化の要因である混入細菌を処理することが、傷を早くきれいに治すことにつながるのです。



Q15 A ルミンAでストレスはとれますか?

ストレスの3大特徴は、副腎の肥大・胸腺の萎縮・胃潰瘍といわれています。ルミンAはホルモン系、免疫系、神経系のバランスを整えることからストレスが原因の身体の不調も改善するのです。



Q16 A 効果の現れ方を教えてください。

食欲、性欲、活力感を感じる。利尿、便通がよくなる。体がポカポカするなど、今までにない体の変化が感じられるようになリます。目安としてはだいたい1〜2週間前後です。



Q17 A 体調は、いつごろよくなるのでしょうか?

ルミンAは自然治癒力を高めるための体質改善剤です。治療に際しては服用を続けること によって症状がだんだん軽くなっていき、最終的にはほとんど自覚することがないくらいまでに改善されます。対症療法の薬ではないので、自然治癒力を高く維持するため、できるだけ長く服用してください。

出典 http://chiba-isshindou.com

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ